EDが生活習慣病の一種!? この2つの関係とは。ED治療・バイアグラの処方は六本木EDクリニック

EDが生活習慣病の一種!? この2つの関係とは

勃起不全、いわゆるEDの原因には生活習慣が深く関係しているといわれています。
一般的には加齢がEDの大きな原因として知られていますが、「EDは生活習慣病の一種である」といわれることがあるほど、日々の生活習慣と密接に関係しているのです。

EDと関係のある生活習慣病として、血管に負担を与える糖尿病や心血管疾患、高血圧などの疾患が挙げられます。また、飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣もEDの原因になるため要注意です。

EDと糖尿病に深い関係がある!?

以上の中でも、とくにEDと関わりが強いといわれているのが糖尿病です。健康体の人と比べると、糖尿病患者の35~90%は10~15年ほど早くEDになる可能性があるといわれています。

勃起させるためには血管の状態を健康に保つことが大切ですが、糖尿病になると血管の劣化が早くなるため血行不良に陥り、EDへとつながりやすくなるのです。

飲酒や喫煙もEDとの関係が!

飲酒や喫煙もEDの原因になるため注意が必要です。

飲酒や喫煙は、テストステロンという男性ホルモンの分泌量を減少させます。テストステロンの分泌が低下すると、性欲自体が減退したり精巣萎縮が起こったりすることがあり、これもまたEDの状態を悪化させてしまうのです。

EDを防ぐための方法とは?

運動を取り入れてEDを防ごう

生活習慣の乱れによるEDを防ぐためには、日頃の生活を見直すことが必須です。
適度な運動やバランスのいい食事を心がけ、健康のためにも禁煙や飲酒の制限を行いましょう。

とくに運動はED予防に最適です。慢性的な運動不足が続くと血液の循環が低下し、動脈硬化が起こりやすくなります。動脈硬化が起こって血行が低下すると、勃起と直接関わりのある陰茎周辺の血行に悪影響が及び、血管性のEDが起こってしまうのです。
これを防ぐためにも、血行促進に効果的なランニングやジョギングなど、有酸素運動を取り入れてみましょう。

ED予防には食事内容の見直しも

食事については、高タンパク・低脂肪なメニューであることを意識するのがポイントです。高カロリー・高脂質・高塩分なメニューは糖尿病や動脈硬化、肥満を引き起こしやすいため気をつけましょう。

積極的に摂取したい栄養として、亜鉛が挙げられます。亜鉛は、生殖器の機能に重要な役割を果たす栄養分です。日頃の食事の中でバランス良く摂取できるよう、食事メニューの中に牡蠣、鶏肉、豚肉、レバー、卵などを取り入れましょう。

血液をサラサラにしてくれるイワシやサバなどの青魚もおすすめです。

喫煙や飲酒習慣も見直そう

喫煙も動脈硬化へとつながる可能性がある習慣です。近年では、国を挙げて禁煙を推奨する動きが活発になっています。このような時代の流れにのっとって、ぜひ禁煙を検討してみることをおすすめします。

飲酒については100%害があるとは言い切れません。適度な飲酒はストレスを緩和させてくれるため、かえって勃起を促すこともあります。緊張によって勃起しにくい、性交前の雰囲気が作りにくいという方の場合は、飲酒が強い味方になってくれることもあるでしょう。

しかし過度な飲酒は、脳の神経細胞に悪影響を及ぼすため注意が必要です。脳の神経細胞の働きが低下すると、うまく陰茎までに司令が送られず、勃起機能に支障をきたす可能性があります。お酒を飲むときには、「適量」を心がけることが大切です。

まとめ

  • 生活習慣をきちんと整えていけば、年齢に負けず健康的な陰茎を保つことができます。

現役を長く続けていきたいと考えているのなら、日頃の生活習慣をしっかりと見直しましょう。

EDについて

バイアグラについて