ED治療薬のジェネリック、信頼できる?
人気のED治療薬話題のジェネリック医薬品の処方なら
六本木EDクリニック。様々な事情で通院が難しい方へ向けて、
スマホ1つで簡単に処方します。
ED治療薬を、安心・安全にお届けいたします。

お電話でご相談はフリーダイヤル 0120-961-904

スマホ1つでお薬処方 詳しくはこちら

ED治療薬のジェネリック、信頼できる?

バイアグラのジェネリック医薬品は安全なのでしょうか?ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことです。近年はジェネリックの名前もよく聞くようになり、広く認知されています。

ここでは、ジェネリック医薬品の信頼性や安全性、効果をご紹介します。

正規品のバイアグラジェネリックは信頼できる

バイアグラのジェネリックは、ファイザー株式会社のバイアグラと同じように、有効成分「シルデナフィル」 を含みます。正規品のジェネリックであれば、従来の先発医薬品と同じ有効成分を持つ薬なので通常のバイアグラと同じ感覚で服用いただけます。

通常のバイアグラと同じ服用方法で問題ありません。最大の効果を期待したい場合は空腹時に飲んでください。飲むタイミングは、性行為の1時間前がベストです。

先発医薬品をもとにして作られた薬

ジェネリック医薬品は先発医薬品をもとにして作られます。先発医薬品と同じ部分は、有効成分の種類と量、用法用量、効能効果の3つです。先発医薬品と異なっても良いとされる部分は形、色、味くらいのものなので、薬の効果そのものには何ら影響しません。

日本国内でバイアグラのジェネリックを最初に販売したのは東和薬品です。その後はキッセイ薬品や富士化学工業、陽進堂といった他メーカーも追随して販売することになりました。

ほかのED治療薬で有名なものとしてはレビトラジェネリック、シアリスジェネリックといったものがあります。

ただし、レビトラとシアリスのジェネリックは、日本国内ではまだ先発医薬品の特許が切れていないので、厚生省が認可したジェネリックは出回っていません。海外のジェネリックを個人輸入代行などで入手した場合、偽造品を手にする可能性があります。安全性の確証を得るのは難しいので服用は避けた方がよいでしょう。

バイアグラのジェネリックを利用すれば金銭的負担が軽減する

バイアグラの利用を継続している方にとって、毎月の負担額が気になるかもしれません。毎月の金銭的な負担を減らすにはジェネリックを利用してみてはいかがでしょうか?ジェネリック医薬品は特許が切れた薬を製造して販売するので比較的安く提供できるのです。

2014年5月に特許が切れたバイアグラは、ジェネリック医薬品として安く手に入るようになり脚光を浴びています。各製薬会社がバイアグラのジェネリックを製造したことで、バイアグラがより身近に利用しやすくなったと言うわけです。純正品のバイアグラが1錠1,500円だとすれば、ジェネリックが1錠1,000円程度ですので、その安さはやはり魅力です。

ジェネリックは先発医薬品と完全に同じではない?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と変わらない効果が期待できると言われてはいますが、厳密に言うと若干の差異はあります。各製薬会社や厚労省が謳っているのはあくまでも「有効性、統計学的な試験」 では差がないということです。「±15%の範囲は差がない」 としているだけで、厳密には100%同じではありません。

ジェネリックの個人輸入代行は危険です

バイアグラのジェネリックは正式に販売が許可されています。

しかし、出回っているジェネリックが全て安全というわけではありません。クリニックに行くのが恥ずかしいという人や時間がない人は、個人輸入代行で手に入れようとするケースもありますが、お勧めできません。

海外製のバイアグラジェネリックは日本製よりも安価なものも存在しますが、個人輸入のバイアグラジェネリックには大きな危険が伴います。バイアグラジェネリックは偽物が多く出回っているからです。効果が期待できなかったり、深刻な副作用を引き起こしたりする可能性も指摘されています。

たとえば、インドではバイアグラの成分特許が認められていないので特許が切れる前からジェネリックが出回っています。その分だけ価格は安いのですが、副作用のリスクが懸念されます。厚生労働省が認可していない海外の医薬品は、安いという理由だけで安易に飛びつかないようにしましょう。

安心・安全にバイアグラジェネリックを利用したいのであれば、医師と相談して処方してもらうのが一番です。

バイアグラの名称はファイザー株式会社が付けた名前です。いわば登録商標となっているので、他社はバイアグラの名前を使うことはできません。日本では2社でジェネリックを発売しております(2017年10月31日現在の情報です)。

海外では100㎎が普通に出ていますが、日本のバイアグラは25㎎と50㎎だけが認可されています。東和薬品とキッセイ薬品からそれぞれシルデナフィルOD錠50㎎VI「トーワ」、シルデナフィル錠「キッセイ」という名前で出ています。

まとめ

  • バイアグラのジェネリックは従来の先発医薬品と同じ感覚で服用できる
  • ジェネリックは開発コストがかからない分、価格を抑えられるので先発医薬品よりも安価に入手可能
  • ジェネリック医薬品は個人輸入代行ではなく、厚生省の認可を受けた正規品を服用すること

バイアグラのジェネリックは先発医薬品とほぼ同じ効果が期待できます。厚生省の認可を受けた正規品であれば、信頼性も安全性も通常のバイアグラと変わりません。個人輸入ではなく、医師の指導のもとに処方を受ければ安心です

医師の診察の上、
お薬を処方いたします。

個人輸入による未承認医薬品・偽造医薬品にご注意ください。

お薬処方までの流れ

  • 1スマホ診察のご予約

    スマホ診察予約はLINEよりご希望の診察日時を予約します。

  • 2ビデオ通話で診察

    ED専門医師が、ED治療薬を処方して問題ないか診断いたします。ご不明な点があれば、遠慮なくご質問ください。

  • 3お薬処方と発送

    2回目以降はLINEから薬の処方・決済・発送ができます。

    ※お薬は院長個人名義にて発送いたします。