40代以上こそセックスするべき! 男性機能と健康の関係性について。ED治療・正規品バイアグラの処方は六本木EDクリニック

40代以上こそセックスするべき! 男性機能と健康の関係性について

40代に突入してからというものの、「体が衰えてきた……」と感じている方は多いでしょう。年を重ねていくにつれ、老化や体力の衰えなど、さまざまな変化が出てくるものです。

これに伴い、勃起力の低下も40代ならではの悩みといえます。若いころのような勃起力がなく、体力的な問題も重なってセックスをしなくなったという方もいるでしょう。しかし、セックスをしなくなってしまうと、健康に悪い影響があるといわれているので注意が必要です。健康体をキープして若々しくいるためには、適度なセックスが必要なのです。

一見つながりが見えない両者ですが、どのような関係があるのか、男性機能と健康について掘り下げてみましょう。

セックスをしないと体が衰える?

40代になると体力や内臓機能が低下し、老化を感じやすくなります。20~30代で結婚した男性の場合、40代になると家庭が落ち着いてくることもあり、かえってセックスの回数が減るということもあると思います。また、セックスできるパートナーがおらず、最近セックスをしていないという男性もいることでしょう。

しかし、これがどんどんと老化を加速させる原因といえます。セックスには、心身の健康や若々しさを保つ効果があるといわれています。勃起力の低下や体力の衰えが原因でセックスの回数が減ると、老化がさらに加速してしまう可能性が考えられるのです。

セックスの健康効果とは?

セックスの健康効果については、医学的な研究によっても明らかにされています。

たとえば、アメリカのニューイングランド研究機構の結果によると、セックスを週に2~3回する人は、セックスの回数が1ヶ月に1回以下の男性と比べて、心臓病を発症するリスクが45%も低いとされています。また、セックスをする回数が多い男性ほど、免疫物質のひとつであるグロブリンAの量が多いという結果もあります。

オーストラリアのがん協会の調査によれば、前立腺がんは射精回数の多い男性ほどかかりにくいということもわかりました。

なぜこのようにセックスが健康にいい効果をもたらすのかというと、勃起という現象に理由があるようです。ペニスの勃起は、海綿体動脈に多くの血液が流れ込むことで起こります。頻繁に勃起することで、ペニスだけでなく体内の血流が促進されやすくなり、これが健康につながると考えられているのです。全身の血行がよくなると疾患が起きにくくなったり、体が老化しにくくなったりするため健康に過ごせるようになるといわれています。

セックスには精神的な健康効果もある

セックスには、精神的な苦痛の緩和や心の安定を得られる効果も期待できます。セックスをすることで快感を得ると、モルヒネと同等の鎮痛作用があるといわれるβエンドルフィンが脳内に分泌されます。セックスによる気持ちいいという感覚は、心身のバランスを保つ効果があるのです。

また、セックスを多くしている男性は自然と活動的になり、知らず知らずのうちに女性を惹きつける色気を纏っている人が多いものです。このような人は周囲からの人気も高く、自分に対する自信もつくようになります。

一方で、セックスをしなくなった男性は体の衰えを感じやすく、プライベートや仕事への意識が消極的になることも多いものです。やる気が出ない、自信もないというマイナス思考に偏るようになり、精神的に不安定になってしまうこともあります。

まとめ

  • セックスは、愛の行為や子づくりの行為というイメージを持つ方が多いと思いますが、心身の健康を保つために欠かせないものともいえます。

先述もしていますが、40代以上になると「若い頃に比べて旺盛なセックスができなくなった」と感じることもあるでしょう。
しかし、激しく燃え上がるような行為がいいというわけではありません。ゆっくりと時間をかけて、お互いの快感を高め合うような落ち着いたセックスもいいものです。いつまでも若々しく健康な大人でいるためにも、40代以降も積極的にセックスをすることをおすすめします。

EDについて

バイアグラについて